Column

 

1. ご挨拶/診療理念について

 

みなさま初めまして、そが内視鏡・消化器クリニック院長の曽我直弘です。

現在、平成30年6月4日の開院に向けて様々な準備をしています。 今後はコラムを通して皆様のお役にたてる情報を提供していければと考えています。

 

はじめに当院の診療理念についてお話ししておきたいと思います。

やや堅苦しい表現ですが、『患者さまの健康と未来を守るために、研鑽し質の高い医療を提供する』としました。

「健康と未来を守る」には、現在の症状に対して治療をすることと、将来のリスクを低減させるという2つの意味があります。 症状があり受診された患者様に適切な診断と治療を行うこと、そして検査を通じて早期発見・早期治療をしていくことです。

 

外科医として長年臨床に携わり多くの癌の患者様を担当してきました。残念ながら術後に病気が再発した場合に、もしももっと早期に発見できていればと悔やまれることがありました。過去には戻れませんが未来のために、専門的な内視鏡検査を安全に安心して快適に受けていただくことで疾患を早期に発見することが可能です。また、大腸ポリープ切除やピロリ菌の除菌といった治療は将来のがんの発生リスクを確実に下げてくれます。生活習慣病の治療と管理、禁煙治療も非常に重要です。将来の心疾患、脳血管障害の発症リスクを低下させることができます。

 

医療は日進月歩の分野です。常に情報を得ていないとすぐに知識が遅れてしまいます。自分自身を研鑽しアップデートしていかないと診療の質を維持できないと考えています。

開院後、年月を経てもこの診療理念を忘れずに継続していけるよう、スタッフ一同頑張っていきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2. 便潜血検査で陽性になったら?

 

便潜血検査が陽性になった人が大腸内視鏡検査を受けると、大腸癌が発見される確率はおよそ3%です。(平成28年度茨城県検診)

 

大腸癌がなかったとしても、大腸腺腫というポリープが発見される確率は30~50%です。

 

この腺腫性ポリープは良性ですが、放置すると年月をかけて大きくなり、その過程で癌になる可能性があります。ですから、腺腫性ポリープを内視鏡で切除する治療は将来的に大腸癌になるリスクを下げてくれます。

海外の論文ですが、2012年にZauber AG らがNew England Journal of Medicineに『内視鏡的大腸ポリープ切除は大腸癌による死亡率を53%下げる』と発表し検査の有用性が示されました。この論文は信頼性の高いエビデンスとして支持されています。

 

便潜血陽性の結果が出ていながら内視鏡検査を受けずに放置している方には、是非早めの検査をお勧めします。

本邦の死亡数の多いがんの順位(2016年の統計による)では、大腸癌は男性で第3位、女性で第1位です。大腸癌をできるだけ早期に発見すること、腺腫を発見して内視鏡的ポリープ切除術を行い癌の発生を未然に防ぐことは、がんの死亡数を減らすためにもに非常に重要です。

また、便潜血陽性以外にも下血や便通異常など、症状がある場合には大腸内視鏡検査を施行して器質的疾患の有無を確認しておくことが必要です。

 

大腸内視鏡検査は、午前中から下剤を内服して午後に検査を受ける、1日がかりの検査です。当クリニックでは、患者さんのプライバシーに配慮したトイレ付きの個室で、ゆっくり前処置用の下剤の内服ができます。検査後もリクライニングソファーで十分に休んでからお帰りになれます。

検査では拡大機能および特殊光での質的診断が可能な最新のレーザー内視鏡を使用して詳細な観察を行います。さらにポリープが見つかった場合は、可能な限り内視鏡的ポリープ切除術(日帰り手術)を行っています。

ご希望がある場合には、うとうとした状態でリラックスして検査を受けていただける鎮静剤を使用しています。

 

検査を受けるためには事前の診察が必要です。便潜血陽性の方、症状のある方は保険診療で検査・治療が可能ですので、まず受診をしてご相談ください。

 

3. 禁煙のすすめ

 

私は日本禁煙学会の認定指導医の資格を取得しております。まだ知識がたりない部分もあると思いますが、禁煙について自分の経験を踏まえてお話しします。

 

まず喫煙者の方に説明したい事は、喫煙はただの習慣ではなく『ニコチン依存症』という病気であるということです。ニコチン欠乏に対して、意思の強さでは抵抗できない場合もあります。意思をつかさどる脳がニコチンを補充するように指令を出しているのですから、なかなか自分の意思の強さだけで治療することは困難です。かなりの決意があっても禁煙は難しいのです。

 

実は、私も以前はかなりのヘビースモーカーでしたが、2002年に恩師が亡くなったことをきっかけに禁煙しました。

それ以来1本も吸っていません。

当時は禁煙補助薬が一般的ではなかったので、市販のニコチンガムを購入し、ニコチン補充をしながら依存症離脱をしました。不思議なもので、禁煙をつづけて半年くらい経つと全くタバコを吸いたくなくなりました。

 

ニコチン離脱症の経過は、最初の3日間が最もつらく、以後少しずつつらさが薄れていき、3週間後には弱くなり、3か月後には消失するといわれています。そして大事なことは、この離脱の経過中にもしタバコを1本でも吸ってしまうと、約30分後に猛烈なニコチン渇望が起こってしまうことです。ですからタバコの本数を減らして禁煙するという方法は有効ではありません。

 

まずは3日間、喫煙をやめることが第1歩になります。

禁煙外来がニコチン依存症の治療をお手伝いできると思います。

 

禁煙のきっかけとして、呼吸器学会禁煙推進動画をリンクします。

 

https://youtu.be/orefJTEcK14

短い動画ですがかなりのインパクトがあります。ご覧ください。

 

禁煙については、また後日続きを書きたいと思います。