舌下免疫療法

舌下免疫療法は、スギ花粉症 と ダニアレルギー性鼻炎 の治療法のひとつです。

 

舌下錠で少量のアレルゲンを毎日体内に取り込むことにより、徐々にアレルゲンに対する過敏性を減少させ、アレルギー症状を改善または低減させることができます。

現時点ではこの2つのアレルギーに対する唯一の根治的な治療方法です。

 

治療には3-5年の期間がかかり、まずは2-3年間 治療を継続して効果を確認します。

いずれの治療も約80%の人で効果(症状が改善、使用している薬が中止できる あるいは減薬できる)があります。20%の人は治療の効果がありません。

また、他のアレルゲンに対して効果はありません。

 

治療の対象は5歳以上で、舌の下に薬を1分間保持しておけることが必要です。また高齢の方は治療効果が少なく 副反応が多い傾向にあります。

 

スギ花粉症の治療は、花粉の飛散時期ではない 6月から11月のあいだに開始します。ダニアレルギーの治療は季節にかかわらず開始が可能です。

両者の治療を同時に受けることも可能ですが、まず1-2ヶ月はスギ花粉症の治療を先行して副反応を確認してから、併用を開始することをお勧めします。

 

舌下錠による副反応として、口の中の腫れやかゆみ、のどの刺激感、耳のかゆみ などがあります。出現する可能性はおよそ10-20%で、治療開始後1ヶ月以内に発生することが多いのですが、ほとんどの場合は治療を継続できます。

 

 

現在 舌下錠による治療は保険適応となっています。

 

初診日には 診察とアレルゲンを確認するための血液検査を行います。

2回目の受診日に血液検査の結果を確認してから治療を開始します。初回の舌下は院内で行い、30分以上の経過観察が必要です。

また、最初の1週間は少ない含有量の舌下錠で開始し、8日目から通常量の舌下錠になります。以降 定期的な診察と投薬を行います。

 

初診時は検査の費用を含めて 自己負担3割の人で 5700円程度の費用がかかります。再診時には診察代が600円かかり、さらに薬局での薬の費用がかかります。4週間の薬代はおよそ1800円程度です。副作用に対して抗ヒスタミン薬を使用することもあり、その場合には別途費用がかかります。

 

 

長期間の治療が必要で、効果も100%ではありません。しかしながら スギまたはダニのアレルゲンで悩んでいる方で、気長に取り組む気持ちのある方にとっては、良い治療のひとつと考えられます。